読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maggie's & me

それぞれの「マギーズとわたし」ストーリー。

【マギーズとわたし #31】 マギーズセンター事業本部長 サラ・ビアード

マギーズ東京がオープンしてもうすぐ3週間。


大好評だったマギーズ東京オープンまでのカウントダウン人物紹介をリバイバルします!

今後はこれまでのカウントダウンの数字ではなく、マギーズのロゴと共に撮った写真でお届け。


その第一回目は、マギーズ東京オープンの際にも来日した、マギーズセンター事業本部長のサラ・ビアードです。

 

f:id:maggiestokyo:20161027161916j:plain

座右の銘

Show what's possible!

できることからやってみせる!

 

★マギーズとの出会い

10年前、マギーさんの主治医ボブが働くがん専門病院で事業開発をしていたところ、英国スオンジーにもマギーズが必要だということになり、ローラCEOとアンドリューエジンバラセンター長に紹介されました。

マギーズが増えてきた頃で、マギーズの事業展開をする人が必要だから入らないかと言われたのがきっかけです。

 

★マギーズに関わってうれしかったこと

マギーズセンターに訪問者が書き込めるノートがあります。

色々なセンターをまわって、そのノートに書かれていることを他の人に伝えていくことも私の仕事なのですが、その内容をひとつひとつ読むたびに、この仕事の意義を感じます。

その中のひとつをご紹介します。


f:id:maggiestokyo:20161027162911j:plain 

「自分を内省する安全な場所を与えてくれてありがとう。

そして、他の人とのつながりをつくり、自分とのつながりを再確認する場所を与えてくれて、新しいことをやってみる機会を与えてくれてありがとう。

人とのつながりを持ちながら、自分に対しても楽に接することができるようになりした。静けさと色々な声をありがとう。

静寂さの中にみんなが集まっていて、色々な声があるけれど、その中心には静けさがある。思いやりをもって寄り添ってくれてありがとう。

話を聞いて、共に笑ってくれてありがとう。

マギーズセンターと深く人生に大きな変化をもたらしました。

この感謝の気持ちは一生忘れることはありません。

ジュリー」

 

★マギーズ東京での思い出

テープカットに参加して、感無量。

f:id:maggiestokyo:20161027162320j:plain


こんな寄付箱のアイディアが!

新しいアイディアいっぱいで私たちも学びました。

f:id:maggiestokyo:20161027162536j:plain


マギーズのロゴをもらって嬉しい!

講演ですぐに使用しました。

f:id:maggiestokyo:20161027162104j:plain


とにかくアメージングな東京滞在。

どうもありがとうございました!


★最後に一言

SUCCESS!

成功を祈ります!