読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maggie's & me

それぞれの「マギーズとわたし」ストーリー。

【マギーズとわたし#8】マギーズ東京事務局 神保康子 編

マギーズ東京オープンまでのカウントダウン8日目は、マギーズ東京事務局の神保康子をご紹介します!


f:id:maggiestokyo:20160917065507j:plain

★名前

神保康子

 

★職業

ライター/暮らしの保健室(マギーズ東京準備室)スタッフ

 

座右の銘

というほどでもないですが、

「あわてないこと」。

 

★マギーズとの出会い

2010年12月、秋山正子さんたちの勉強会に参加して。翌年、マギーズセンターのコンセプトを取り入れた、暮らしの保健室の立ち上げから関わらせていただきました。

 

★マギーズでの役割

細々した事務作業や情報の交通整理、通訳の重松加代子さんを手伝って英国とのやりとりサポート、ITシステム、ホームページ(もうすぐリニューアル)の整備など、準備室としてのいろいろな業務です。

 

★マギーズ思い出写真

 ①そして、力仕事や発送作業なども。2015年4月、ご寄付の御礼などをお送りした時の様子です。手に持っているのはマギーズ東京オリジナルの傘。

 f:id:maggiestokyo:20160917151310j:plain


② 2015年3月、打ち合せのために訪れた英国マギーズセンターの本部にて、事業開発部長のサラさんと。教会だった建物を改装したオフィスです。

f:id:maggiestokyo:20160917151446j:plain

 

③今年6月、遅ればせながらやっと、秋山・重松さんコンビとともに、駐日英国大使館へご挨拶に伺うことができました。駐日英国大使のティム・ヒッチンズ氏(左から二番目)、科学技術部長で一等書記官のエリザベス・ホグベン氏(一番右)と。

f:id:maggiestokyo:20160917151504j:plain

 

★お知らせ、一言 

マギーズ東京のオープン翌日、10月11日には、英国マギーズの事業開発部長や、第一号のマギーズセンターである、エジンバラセンター長を迎えての講演会「英国マギーズセンター20年のあゆみとサポートのエッセンス」を開催します。詳しくはコチラをご覧ください↓↓↓

ご興味のある方は、以下からお早めにお申し込みをお願いします☆ http://maggiestokyo.org/report-17/

 

f:id:maggiestokyo:20160917065808j:plain